ウォーターサーバーの勘定科目は何になる?

企業や店舗においてウォーターサーバーの設置を検討していく場合に気になってくるのは、ウォーターサーバーをどの勘定科目で処理をしていけば良いかになってくるでしょう。ウォーターサーバーを勘定科目で処理をしていく場合には、販売費か福利厚生費用で処理をしていくのが一般的になっています。飲食店等で、お客様向けの飲料水を提供するために、ウォーターサーバーの設置を行う場合の勘定科目は、販売費になりますし、オフィス等でウォーターサーバーを社員向けに休憩室等に設置をする場合には、福利厚生費として処理されるようになるものです。ウォーターサーバーの導入は検討していても、発生しいてくるコストについてを、どの勘定科目で処理していけば良いか分からなければ、導入に躊躇をしてしまう場合も多いでしょう。飲食店では、接客の重要な要になる飲料水になりますし、オフィスでは社員の休憩室での癒しや、来客時のもてなし用にもなっていくものです。月の料金も安く、導入に関しての費用も殆ど掛かることの無い、ウォーターサーバーを導入することで、いつでも綺麗で安全な水を摂取出来るようになっていくのです。ペットボトルの処分についても、配送時と同様に定期的に回収を行ってくれますので心配はありません。飲食店の接客のためにも、社員への福利厚生のためにもウォーターサーバーの設置は大切なものです。勘定科目的にも費用で計上出来ますので、節税の意味合いでも導入を検討していくのも良いでしょう。